TORAIZ(トライズ)で1年間勉強して身につけた英語力でアメリカへの社費留学を実現しました。

【体験談】トライズの学習効果が凄い!

英語学習オピニオン

【2000時間超】英語を話せるようになるまでの時間を短縮する方法はある??ガチで考察してみました!

更新日:

私たちのような日本語話者が英語を話せるようになるまでの時間は、いったいどれくらい?

効率が高くて効果的な英語学習法を続けていれば、その時間を短縮できるの?

実はこれ、多くの英語学習者が疑問に思っていることなんです。

私が通った英語コーチングスクール【トライズ】では、日本人が英語を身に付けるために必要な時間は2200時間と見積もっていて、この理論をベースにカリキュラムが組まれています。

でも果たして本当に2200時間もかかるんでしょうか?

そこでこの記事では、「日本人が英語を話せるようになるまでの時間」「どうやったら効率よく英語を話せるようになるのか?」について、徹底的に調べてみました。

 

英語を話せるようになるまで2200時間かかるという情報の根拠は?


最初にも書きましたが、私の通った英語コーチングスクール「トライズ」のホームページには、

日本人が英語を習得するためには、約2,200時間が必要とされています。多くの日本人は学校教育で約1,200時間の英語授業を受けているため、あと1,000時間は学習しなければなりません。

と書いてあります。

トライズではこの情報のソースとして、アメリカ国務省付属機関のForeign Service Institute(FSI)のデータをあげています。

そこで、実際にFSIのウェブサイトに行ってみて、一次情報を確認してみました。

するとなんとこの情報、微妙に間違っていることが判明しました!

こちらがトライズが引用したと思われるFSIのデータです。

一見正しいように見えますが、下記の注釈の部分をよく読むと

All estimates relating to the length of time needed to learn these languages to a Speaking 3/Reading 3 (S3/R3) proficiency level assume that the student is a native speaker of English with no prior knowledge of the language to be learned.

出典:FSIウェブサイト

そう、トライズが引用しているFSIのデータって、「英語話者が外国語を学ぶのに何時間かかるのか?」というデータなんです

だから、正しくは「英語話者が日本語を流暢に操れるようになるまでに2200時間かかる」なんですね。

まあでも、英語話者→日本語が2200時間かかるってことは、日本語話者→英語もそれくらいかかると思われるので、あながち間違いではないのかもしれません。
 

日本人学者が唱える英語を話せるようになるまでかかる時間

FSIはアメリカ国務省の付属機関なので、考えてみればアメリカ人(=英語話者)を対象にしているのは当然ですよね。

では、日本の研究機関でこういった研究をしているところはないのでしょうか?

いろいろ調べてみると、ありました!

それは同志社大学教授の稲垣 俊史(イナガキ シュンジ)氏による研究論文「How Long Does It Take for Japanese Speakers to Learn English?(訳:日本語話者が英語を学ぶのにどれくらいかかるのか?)」

です。そのものズバリのタイトルですよね。

稲垣氏の論文によれば、

Results indicate that Japanese speakers need around 2,500 hours to attain a high level of English proficiency

出典:大阪府立大学学術情報リポジトリ

とあり、日本語話者が英語を話せるようになるまでの時間は約2500時間としています。

FSIのデータとほとんど変わりませんね。
 

どうやったら効率よく英語が話せるようになるのか?


FSIのデータと稲垣氏の研究結果をみると、どうやら日本人が英語を話せるようになるまでは2000時間以上かかるのは間違いなさそうです。

一般的な日本人は、中学校から英語を始めて高校を卒業するまで大体1000時間英語を学んでいるらしいので、残り1000時間勉強すれば英語を話せるようになる!というのですが、1000時間ってよく考えるとかなり長いです。

起きてる時間はほぼ英語を勉強すると仮定して、1日16時間の猛勉強をしたとしても約2か月。

留学など、どっぷりと英語に浸かれる方なら可能かもしれませんが、日本にいてこれだけの時間を英語学習に割くのはほぼ不可能でしょう。

そこでこの果てしない時間数をなんとか短くする方法はないのか?効率よく英語を身に付けるためには何をしたらいいのか?を考えてみました。
 

第二言語習得に関する仮説を取り入れてみる


第二言語習得研究とは、人間がどのようにして第二言語(今回のケースでは英語)を習得していくのかをまじめに研究する学問で、世界中の研究機関で研究されています。

第二言語習得研究から導き出された理論を英語学習に導入すれば、効率よく英語を身に付けられるのではないか?

そう思って第二言語習得についてちょっと調べてみました。

でも実はこの第二言語習得研究、まだまだ発展途上の分野で「人間はこうやって第二言語を身に付ける!」という結論は出ていません。

ということで、専門的研究でもどうやって英語を勉強すれば効率よく身に付くのか?がよくわかってないんです。

でもいくつか面白い学説を見つけたのでご紹介したいと思います。

まずは「インプット仮説」です。

インプット仮説とは、「理解可能なインプットを与え続けることのみが第二言語習得につながる」という理論。

なんだか小難しいですが、簡単に言うと「第二言語習得にはインプットこそが大事!リスニングやリーディングだけやっとけ!」という説です。

ホントかよって感じですよね。

だって、私たちが学校で受けた英語教育ってインプットばっかりだったような気が。。。でも話せない。

そこで登場したのが「アウトプット仮説」です。

アウトプット仮説はインプット仮説を真っ向から否定し、「インプットが大事って、んなわけあるか!第二言語習得にはアウトプットこそ至高。スピーキングやライティングが命!」という説です。

私のような一般人からすると、インプットもアウトプットもどっちも大事なような気がしますが、とにかく学者の間では大真面目に議論されているのがインプット仮説とアウトプット仮説なんです。

で、第二言語習得研究の分野ではこの2つの仮説のいいとこどりをしたような仮説が登場します。

それが「インタラクション仮説」です。

インタラクション仮説では、言語学習におけるインプットとアウトプットの重要性を認めつつ、第二言語学習者同士が互いに理解しようと歩み寄るときに学習効果が最大化されるとしています。

え?どういうこと?

簡単に説明するとインタラクション仮説では、

「今なんて言ったかわかんなかったから、もっとゆっくりしゃべって!」

「なんか話が通じてなさそうだな。もっと簡単な表現に置き換えてみよう!」

などなど、英語を学んでいる人が話している時に相手に合わせてお互いに歩み寄るときに最も学習効果が高い!と主張しているのです。

またこの仮説では、相手から間違いを指摘されるなどのネガティブなフィードバックも重要とされています。

つまり、すべてをまとめるとどうなるか?

日本語話者が英語を話せるようになるためには、

・インプット型(リスニング・リーディング)の学習をする

・アウトプット型(シャドーイング・スピーキング・ライティング)の学習をする

・学習において他者と関わる

これが第二言語習得論から導き出された私なりの答えです!

なんだか特に目新しいことはない気もしますが。。。

 

まとめ

日本人が英語を話せるようになるまでには2000時間以上の学習が必要です。

効率よく英語を身に付けるためにはインプットと、アウトプット、そして他者との交流が大事。

考えてみると、私の通った英語コーチングスクールの「トライズ」は、まさにこのルールに従ったカリキュラムでした。

トライズでは、1年間かけて英語を1000時間学習します。

これは日本人が英語を話せるようになるまでの時間は、だいたい2200時間の学習が必要というデータ(微妙に間違ってるけど)に基づいています。

中学一年で初めて英語を習ってから高校卒業するまで、日本人は学校で1200時間ほど英語を勉強しているので、残りの1000時間を1年で集中学習しようというコンセプトですね。

カリキュラムもインプットあり(リスニング)、アウトプットあり(シャドーイング)、インタラクションあり(グループレッスン)で、まさに理想的。

私がトライズ修了後、アメリカに留学してあまり英語に困らなかったのも、確かな理由があったんですね。

-英語学習オピニオン

Copyright© 【体験談】トライズの学習効果が凄い! , 2020 All Rights Reserved.