TORAIZ(トライズ)で1年間勉強して身につけた英語力でアメリカへの社費留学を実現しました。

【体験談】トライズの学習効果が凄い!

英語学習オピニオン

英語学習が挫折しやすいのはなぜか?私の経験から原因と解決策を探る

更新日:


グローバル化と叫ばれてかなりの年月が経ち、精密な翻訳機が出た現代でも、英語と年収は関係あるとか、英語は世界を広げてくれるとか、相変わらず英語の重要性が説かれてます。

それらを分かって英語の習得に向けて勉強を始めても、途中で挫折してしまう人は後を絶ちません。

なぜ英語の勉強は途中で挫折してしまうのでしょうか?

私もこれまでさんざん英語学習に挫折してきましたが、トライズに通って半強制的に勉強したことで英語を身に付け、2年間のアメリカ留学をするまでになりました。

この記事では、私がこれまで英語学習に挫折してきた経験と英語を身に付けれられた経験から、英語学習の挫折原因と解決策について探っていきたいと思います。
 

英語を使う機会がなくて挫折

実際にビジネスで英語を使う機会の多い人は必要に迫られているので、挫折せずに英語学習を続けられるでしょう。

しかし、今すぐに英語をマスターする必要はないけれど、いつか英語を使う仕事に就きたい、海外旅行で不自由なく話したい、という目標での英語学習では挫折する人も多いと思います。

そもそも日本では英語が出来なくても進学、就職、普段の生活にあまり困ることがなく、英語学習がリアルな日常生活とは切り離されているのです。

これが多くの日本人がなかなか英語学習を続けられない原因の一つではないでしょうか。

日本は島国ということもあり、自国に他国の文化が混在するほど取り入れられていません。

英語を全く話せなくても、ほぼ問題なく生活できてしまいます。

そのため、普段から英語を生活の一部として取り入れている人は少ないでしょう。

そうなってくると、英語学習を仕事や趣味と分けて進めることになり、一度学習をストップしてしまうと英語のことなど忘れてしまい、同時に学習も挫折することに繋がります。

プログラミングを自習しようとしている人や、ブログを書いている人の挫折率が高いものも、このような傾向があることが原因一つであると言えます。

そんな時はいったん学習をやめて、まずは英語を話せるようになりたい目標について考えてみましょう。

例えば具体的にどんな仕事に就きたいか、海外旅行でどこに行って英語でどんな話をしたいか、など、具体的に英語が出来るようになった後のことを想像します。

具体的に考えていくと、その目標にはどんな英語が必要か見えてくるかもしれません。

自分の夢や目標をかなえる道具として、どんな風に英語を学べばよいのか、挫折をきっかけに考えて直してみるのもいいかもしれません。

また、英語を日常に取り入れることで「英語学習を自然に続ける」こともできます。

やっぱり机に座って「やるぞー!」と思って勉強するのってなかなか続かないんですよね。

例えば、海外の映画を英語字幕で観たり、毎朝聞く好きな洋楽の歌詞を理解しながら聞いてみたり、iphoneの言語設定を英語にしてみたり、方法はいくらでもあります。

日本のニュースを英語サイトで読んでみるというのもおすすめです。

さらにグローバル化が進み、段々と街にも英語が取り入れられているので、なおさら良いです。

時代も後押ししてくれています。

普段から英語というものを意識していれば、学習の継続に繋がることでしょう。

 

効果がすぐに出なくて挫折

TOEICなどのテストで思うようにスコアが伸びずに挫折してしまった経験のある人も多いと思います。

効果がなかなか出ないことが原因による挫折です。

勉強って面白くないですから、なかなか結果が出ないのに続けられるという人はあまりいません。

でも実はそこで止めてしまったらもったいないです。

結果がでないのは使っている教材が自分のレベルに合っていないだけの可能性もありますし、単純に学習時間が足りないだけなのかもしれません。

日本語話者が英語上級レベルになるには2000時間以上の学習が必要だと言われています。

https://xn--eck1byb8h861pwg0a.com/256.html

このことを意識すれば、数ヶ月で結果を出そうとすること自体、無謀なのかもしれません。

英語学習は少しずつでも継続することが大事だと思います。

 

教材が難しくて挫折

TOEICや英検で高めを目指して教材を始めたものの、難しすぎて挫折してしまったことはありませんか?

日常会話がやっとなのに、ビジネス英会話に取り組んで、難しさに投げ出したりしていませんか?

原因は教材が難しすぎて学習が苦痛になってしまうからです。

難しい英語教材で無理して学んでも、自分の話せる言葉にはなりません。

幼児はまず日常会話を覚えて、徐々にきちんとした言葉を話すようになります。

それと同じように、まずは優しい英語をたくさんインプットして、簡単でいいので英語で考えられるようになりましょう。

そっちのほうが、実はいきなりレベルの高い教材をやるよりも英語の上達が早かったりします。

最近では、中学英語を学びなおす教材もたくさん出ています。

中学英語でも、日本語で会話をするような速度でやり取りができるようになるまで繰り返すと、英語の伸びはグンとアップします。

そこから少しずつレベルアップしていけば、難しすぎる教材を選んでしまって挫折することはなくなります。
 

教材が面白くなくて挫折

特に社会人が英語学習に挫折してしまうのは、英語を勉強としてやっているためです。

学習だから勉強するのは当然なのですが、楽しくないことを続けていくのはどんな人でもしんどいのです。

英語を勉強するにあたって、文法書を取り出して机にかじりついて読み漁ったり、たいして面白くもない英文が並んだ長文読解を解いているばかりではなかなか長続きしません。

これらの学習スタイルは、学生時代のテスト週間など、短期間で集中してやるなら問題ありませんが、長期間となると続けることは不可能です。

皆さんはもう受験生ではないのです。

英語は遊びながら身に付けられるものではありませんが、クソ面白くない学校の教科書ばかり勉強していてはそもそもの学習が続きません。

1つの解決策として、英語を趣味の感覚でやるというものがあります。

幸い英語は数学や国語と違い、座学でやる必要はあまりありません。

海岸沿いに行って英語のフレーズを口ずさみながら散歩してみたり、筋トレしながらリスニングしたり、楽しくできれば何でも良いです。

洋画や海外ドラマを英語字幕で見てみるという方法もあります。

https://xn--eck1byb8h861pwg0a.com/post-323.html

自分に合っていて、少し個性が出るやり方だとさらに良いです。

そうすることによって、勉強というマイナスイメージが、趣味というプラスイメージに変換することができます。

人は知らず知らずのうちに感情によって行動を左右されているので、この変換は英語学習の劇的な改善になります。
 

聞き取れない、伝わらなくて挫折

せっかくの外国人と会話をする機会があったのに、聞き取れない、または伝わらなくて挫折、という人もいるでしょう。

英語の学習を長く続けてきた人の方が、これが原因で挫折してしまうことが多いかもしれません。

でも、この悩みで挫折する人は、既に英語を話せるはずです。

聞き取れなくて挫折というのは、聞き取れれば会話が続けられる、ということでもあります。

弱点がリスニングということがわかれば、そこを重点的に学習すれば解決できます。

伝わらなくて挫折については、単語、ボディアクションなどを一生懸命に駆使すれば伝わっているものです。

ここで挫折してしまってはもったいないです。

英語学習から離れても、音楽、ドラマ、ニュースなどで英語に触れることだけは続けましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

こうしてみると、私はいろんな原因で挫折しまくってますが、英語学習が続かないのはあなただけではありません。

本物の英語は長い時間をかけて、ゆっくりと学んでいくものなので、どうしても継続が必要です。

そしてその継続がものすごく難しいのです。

英語というものを日常に取り入れながら、趣味の感覚でやっていけば、一生使えるスキルを手に入れることができるでしょう!

 

-英語学習オピニオン

Copyright© 【体験談】トライズの学習効果が凄い! , 2020 All Rights Reserved.